チャペルの選び方は千差万別|厳粛な式になる

結婚式のその後は

女性

誰に頼むどう頼む

結婚式のその後は、二次会をするというカップルは多いですね。二次会といっても、最近は披露宴に呼べなかった友人たちを招いたカジュアルなパーティーというものが主流です。元々は、新郎新婦を祝うために友人たちが企画したものらしく、その名残からか二次会の幹事は友人に頼む場合が多いです。パーティーをするのが好き、みんなでワイワイするのが好き、楽しいことを企画するのが得意というような友人に頼めるといいですね。新郎新婦共通の友人がいたら、非常にスムーズです。結婚式の幹事は作業量がすごいので、毎日深夜まで残業、土日出勤というような人には頼めません。依頼のタイミングとしては、結婚式の3ヶ月前ぐらいがよいです。幹事は新郎側から1人、新婦側から1人、それぞれ面識がないといったパターンなら、新郎新婦が同席のもと、顔合わせと打ち合わせを行ないましょう。いくら幹事をしてもらうといっても、二次会をしたいのは基本的に新郎新婦側なのですから、招待客の選定、招待メールなどは新郎新婦がするべきだと思います。場所の選定まで新郎新婦ができたらよいですが、無理なら幹事に頼んでもいいでしょう。当日の進行だけでも大変です。受付をしたり司会をして、更に企画を進行して、会計をしてもらうことになります。その上会費を幹事からもらうなんて困難です。最低でも幹事の会費は無料にしましょう。その他、一万円未満の謝礼やプレゼントを渡したり、後日ご馳走するなど、お礼を考えましょう。